学資保険と住宅ローンの比率

住宅ローンの返済や学資保険!どちらを優先して良いのか迷いどころです。 - いろんなタイプがある学資保険

いろんなタイプがある学資保険

こども共済 | JA共済
こども共済 | JA共済

学資保険は、祝い金や満期額資金を合計して、支払保険料の総額よりも多くなる、返戻率が高く貯蓄性の高いタイプの商品が人気がありますが、返戻率が低くなる代わりに、死亡保障や医療保障、育英年金などの付加価値がついているタイプの商品もあります。

子供の将来に向けて確実に教育資金を積み立てておきたいのなら、断然貯蓄性の高いタイプの学資保険をお勧めします。

子供が中学校や高校などに入学する年齢になれば、返戻率100パーセント以上の、満期額資金や祝い金が保証されるようになっています。

保険料支払いのタイミング

しかし、給付金支払いのタイミングが来る前に、保険料の支払いが困難になるケース、たとえば親が死亡したり、けがや病気などで障害がある場合は、万一の時に給付金が出るタイプの学資保険の方が安心を得られるかもしれません。

このタイプの商品は特約の形でついています。もしも保険料が途中で支払えなくなっても、この特約があれば、満期学資金が支払われる保証は守られます

子供が死亡したときや障害を負った時にも、死亡給付金や医療費が保証されるタイプの学資保険もあります。

医療費や死亡給付金などが受け取れる学資保険にも魅力はありますが、このような保障が付加されているタイプの商品は、返戻率が100パーセントを切ってしまうことに注意してください。

学資保険に加入する目的

学資保険に加入する目的について、ここで改めて見直してみましょう。

学資保険は、ただ単に、子供の将来の教育資金のために積み立てができる手段ではありません。

たとえば、万が一親が事故や重度の障害などのせいで、保険料の支払いが難しくなってしまった場合に、保険料が免除される制度があることを覚えておきましょう。

一般的に、保険料払い込み免除といった特約になりますが、別途特約料金を支払わなければならないものの、これで、親に万が一のことがあった場合でも、祝い金や満期学資金を、全額補償されることになりますから、安心です。

また、学資保険には、自分で貯蓄するのが難しい学資金を確実に積み立てられるというメリットもあるでしょう。

子供がいる家庭は何かと出費が必要ですから、その中から将来に備えて少しずつ貯金をしていくのは、よほど意志が強くない限りは難しいでしょう。

学資保険はそのための強制的な手段になるので、将来のために確実に備えられるのです。

ホムロン ローン借り換え
住宅ローンに限りますが、ここで金利を押させる事で学資保険の返済等も十分に楽になります。
不安な方は無料シュミレーションを一度試してみる事をオススメします。

新着情報

◆2014/01/29
いろんなタイプがある学資保険の情報を更新しました。
◆2014/01/20
学資保険の給付金が支払われるタイミングを新規投稿しました。
◆2014/01/20
学資保険を選ぶときの重要なポイントを新規投稿しました。
◆2014/01/20
子供の教育資金にいくら必要なのかを新規投稿しました。
◆2014/01/20
学資保険だけでは満足な貯蓄ができない場合を新規投稿しました。